キャッシング

キャッシングでお金を借りるには

クレジットカードでキャッシングする方法

クレジットカードについているキャッシング機能でお金を借りることができる「キャッシング枠」ですが、実際にはどのようにしてキャッシングをするのでしょうか。

 

クレジットカードでキャッシングをする場合には、他のカードローンなどのように新たにカードを作ること無くそのクレジットカードでキャッシングをすることができます。審査についても、利用しようというときに特に申込をするということではなく、クレジットカード作成の際に希望することで一緒に審査をされていますのでそのまま使えます。

 

ではどこでどうやってお金を引き出すことができるのか?というと、提携しているATMなどがクレジットカード会社によって多少違いがあるかもしれませんが、大体のクレジットカードであれば銀行ATMでキャッシングをすることが可能です。ATMでは預金の「引き出し」ではなく、「その他」から入ります。また、コンビニのATMでもキャッシングできます。銀行によっては土日の18時以降キャッシングができないなど、差がありますから、いざというとき困らないために一度自分のクレジットカード会社のHPで確認をしておきましょう。

 

クレジットカードのキャッシングはこのようにとてもかんたんにできてしまいますが、金融機関からの融資には違いなく、融資には利息がかかります。キャッシング枠は消費者金融のキャッシングカードで借りれる額と比較すると小額融資ですが、自分の預金のように気軽に下ろして使うことができてしまうので、利用の仕方に注意しましょう。

キャッシングとクレジットの違い

キャッシングとクレジット。どちらもカードを作ることでお買い物ができたりお金を借りたりすることができます。しかもクレジットカードには、キャッシングの機能がついていたりとなんだかややこしいですよね。キャッシングとクレジットの違いって、なんとなくはわかるのですがどういうものなんでしょうか?

 

クレジットはショッピング等の用途につかえる代金立替払いのことで、会員が加盟店でカードで商品を購入し、カード会社が会員に代わって支払いをしてくれる、そして後日会員に請求するという仕組みになっています。お金を直接貸すのではなく、商品代として払ってくれるのがクレジットです。一方キャッシングはというと、銀行ATMなどで現金を借りることを意味しています。

 

このように、キャッシングとクレジットは大きなくくりでいけば同じようなことなのですが、大きな違いがあるのです。しかしクレジットカードには、この代金立替払い機能の「ショッピング枠」の他に、キャッシングができる「キャッシング枠」というものが設けられています。キャッシング枠では普通のキャッシング同様、限度枠内でキャッシングをすることができます。

 

クレジットカードにはこのキャッシング機能の他に、旅行傷害保険、ポイントサービスなど、さまざまな利用者にとってメリットのある充実したサービスが付随してきます。一方、キャッシングはというと、クレジットカードが発行までに1週間等ある程度期間がかかるのに対して、急を要する場合にすぐに発行することができるというメリットがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ